会社情報

沿革

マミヤ・オーピー株式会社

会社の歩み

マミヤ・オーピー株式会社

1992(平成4)年10月

(株)オリムピックがマミヤ光機(株)を吸収合併し、本社を埼玉県入間市に置き、社名を(株)オリムピックとする。

1993(平成5)年04月

社名をマミヤ・オーピー(株)に改称し、本社を東京都文京区に移転。

1994(平成6)年10月

カメラ・レンズ製造子会社の(株)マミヤと(株)シバタマミヤを合併し、本社を長野県佐久市に置き、社名を(株)マミヤとする。

1994(平成6)年12月

本社を埼玉県浦和市(現さいたま市桜区)に移転。

2000(平成12)年12月

釣具事業より撤退。

2006(平成18)年09月

光学事業より撤退。
本社を移転(さいたま市南区)。岩槻事業所(さいたま市見沼区)・戸田事業所(戸田市)を開設。

2008(平成20)年04月

紙幣搬送システム事業に進出。

2009(平成21)年04月

遊技場向けシステム関連事業に進出。

2009(平成21)年07月

本社を東京都品川区に移転。

2009(平成21)年07月

東京都品川区に技術開発センターを設置。

2010(平成22)年10月

電子機器製造部門(岩槻事業所)を、会社分割によって、完全子会社であるマミヤ・オーピー・ネクオス(株)に承継させる。

2010(平成22)年11月

キャスコ(株)を子会社化。

2011(平成23)年04月

日本国内ゴルフシャフト事業並びに遮断桿に関する事業を会社分割によって新設会社シャフトラボに承継させる。

2011(平成23)年08月

(株)シャフトラボの株式全てをイーシー都市開発(株)へ譲渡。

2012(平成24)年03月

電子機器開発部門を会社分割によって完全子会社であるマミヤ・オーピー・ネクオス(株)に継承させる。

株式会社オリムピック/マミヤ光機株式会社

会社の歩み

株式会社オリムピック

マミヤ光機株式会社

1931(昭和6)年09月

創立者植野善雄、日本で初めて釣用リール発明。東京市向島区(現在の東京都墨田区)において、植野オール金属製作所を創業。

 

1940(昭和15)年05月

 

東京市本郷区(現在の東京都文京区)にマミヤ光機製作所を創業。発明家間宮精一の技術提供と菅原垣二郎の資本をあわせカメラ製造を始める。

1946(昭和21)年03月

 

シャッター及びレンズの自給を図るため世田谷区工場を建設。

1948(昭和23)年02月

釣具の製造販売を目的として東京都豊島区に植野精工(株)を設立。

 

1950(昭和25)年07月

 

世田谷工場を法人化し、世田谷光機(株)とする。

1950(昭和25)年12月

 

マミヤ光機製作所を法人に改組し、マミヤ光機(株)を設立。

1953(昭和28)年10月

 

東京証券取引所に上場。

1958(昭和33)年01月

販売力強化のためオリムピック釣具販売(株)を設立。

 

1961(昭和36)年11月

社名をオリムピック釣具(株)とする。

 

1963(昭和38)年04月

 

新工場を埼玉県浦和市(現さいたま市)に建設し、稼動。

1963(昭和38)年06月

 

世田谷光機(株)を吸収合併し、東京工場とする。

1964(昭和39)年07月

 

東京工場を廃止し、浦和工場に統合する。

1965(昭和40)年02月

東京証券取引所に上場。

 

1966(昭和41)年02月

 

国内販売強化のためマミヤ商事(株)を、アフターサービス体制充実を目的として(株)マミヤカメラサービスを設立。

1967(昭和42)年08月

本社を埼玉県入間市に移転。

 

1968(昭和43)年08月

 

本社機構を東京都文京区に移転。
マミヤ商事(株)及び(株)マミヤカメラサービスの本社も同時に移転。

1670(昭和45)年08月

 

生産体制強化のため長野県佐久市に(株)マミヤを設立。

1973(昭和48)年07月

 

精密機械加工を目的に(株)シバタマミヤを設立。

1982(昭和57)年09月

電子機器事業分野に進出。

 

1983(昭和58)年04月

事業の多角化に伴い社名を(株)オリムピックとする。

 

1987(昭和62)年07月

釣具生産強化のため(株)オリムピック和歌山を設立。

 

1989(平成元)年05月

 

創業期の名機マミヤシックスの独創的な機構と名称を継承したレンズ交換式6×6cm判電子制御レンジファインダーカメラ「ニューマミヤ6」を発売。

1989(平成元)年11月

スポーツ用品の競争強化のためオリムピック- MI(バングラデシュ)Ltd.(現マミヤ・オーピー(バングラデシュ)Ltd.)を設立。

 

1990(平成2)年04月

米国のタイクーン・フィンノール社を買収し、スポーツフィッシングに進出。

 

1990(平成2)年09月

 

中判カメラの代表的名機として、世界のプロ、アドバンスアマチュアから幅広く愛用されるRB67プロSを17年ぶりにモデルチェンジ。

1991(平成3)年04月

本社ゴルフ部門の米国における製造販売会社としてユナイテッドスポーツテクノロジーズインコーポレーテッドをテキサス州に設立。