事業内容

生ごみ処理機POITO(ポイト)

バイオのチカラで、生ごみを高速分解
生ごみ処理機POITO(ポイト)

事前に分別された生ごみを投入するだけ

生ごみの処理方法としては炭化型や堆肥型がありますが、CO2や悪臭の発生、また2次生成物の処分といった課題もございます。生ごみを攪拌しながら微生物で分解するポイトはCO2や悪臭を抑え、2次生成物の処分も必要ありません。

写真

生ごみ処理にかかる経費を削減

写真
  • ※ ポイトの使用条件によっては、外部に廃棄物処理を委託する場合よりも費用が高額になり、コストメリットが
  •   でない場合があります。
  • ※ ポイトの使用には別途保守メンテナンス契約が必要となりますが、上記試算には当該費用は含まれておりません。

短時間での生ごみ分解処理

写真
  • ※ 生ごみの種類により分解速度は異なります。

分解できるもの、できないもの

写真
  • ※ 食品の調理状態等によって異なる場合がございます。

仕様

POITO標準仕様

分解微生物  専用バイオ製剤 その他制御  ヒーター自動加温制御
 電気弁給水・排水制御
 液相処理エアーポンプ
処理方式  好気性微生物分解
本体素材  ステンレススチール
電気制御盤  本体内組込制御盤(※) 安全装置  投入口開放時攪拌停止
 異常負荷時ランプ点灯
 運転状態表示ランプ
 自動/手動切替付
制御回路  POITO用シーケンス回路
制御電圧  3相200V 50/60Hz
制御方式  3分運転20分停止(標準)
  • ※ 制御盤は、分離タイプもあります。

POITO型式一覧(本体仕様)

型式 処理能力
kg/日
標準外径寸法
幅(W)×奥行(D)×高さ(H)(mm)
本体重量
kg
消費電力
(月/kw)
消費水量
(月/㎥)
AN-50 50 950×804×1200 170 190.0kw 30㎥
AN-100 100 1285×804×1200 220 240.0kw 30㎥
AN-150 150 1650×1150×1360 350 290.0kw 36㎥
AN-200 200 1800×1150×1360 600 360.0kw 45㎥
AN-250 250 1900×1200×1450 800 370.0kw 45㎥
AN-300 300 2100×1300×1500 900 490.0kw 60㎥
AN-400 400 2200×1500×1600 1200 500.0kw 60㎥
AN-500 500 2450×1700×1800 1500 600.0kw 60㎥
  • ※ 処理機選定の際は一日の排出量の120%を処理機選定の条件としてください。
  • ※ 消費電力、消費水量は目安です。
写真
お問い合わせ窓口
窓口
ポイト業務課
住所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目18番地マミヤビルディング
電話にてお問い合わせ
03-6273-7428
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせ内容によっては、電話にてご回答させていただく場合があります。
  • お問い合わせフォーム