自立走行システム I-GINS
マミヤ・オーピー株式会社

コースメンテナンスを変える!

GPSと慣性航法により自車の位置を検出。
あらかじめ作成された経路を独自のアルゴリズムで自律走行させる制御システムI-GINS。
これをフェアウェイ用の芝刈り機に搭載し、無人によるクオリティの高い芝刈り作業を可能にしました。
経営の効率化とゴルファーの満足度向上が同時に求められる時代。I-GINS搭載の自律走行芝刈り機が、その課題にお応えします。

マップ方式でキーパーの考えを芝刈りへと反映

自立走行システム I-GINS

自動運転の制御方法には、SLAM方式・ティーチ方式・マップ方式と3つの代表的な方式があります。SLAM方式を採用したものではお掃除ロボットが有名であり、ティーチ方式では組立てを行う産業用ロボットなどがあります。
I-GINSではマップ方式を採用しています。測量したデータ(マップ)を基に、刈る角度、速度、ターンの方法、ラップ幅などキーパーの考えを反映した走行経路の作成が可能になるからです。一度データを取得してしまえば、パソコン上で走行経路を修正できることも特徴の一つです。

夜間、西日、霧…人間が苦手な天候でも作業が可能

例えば、ゴルフ場の営業時間が終了した夜間に、無人で芝刈り機が仕事をする。人間には見えない暗闇でも、I-GINSの自律走行芝刈り機なら作業が可能。西日が眩しい、霧で見通しが悪いなど、人間が苦手な天候でも作業をストップさせることはありません。

芝の品質向上で、ゴルファーの満足度アップ

芝は刈る頻度が高いほど、芽が詰まった美しいフェアウェイになります。限られた人材で芝刈りの頻度を高めることには限界があります。芝の状態が良ければナイスショットも増え、ゴルファーの満足度も高まり、リピーターが増えることも期待できます。

自律走行芝刈り機 導入までの流れ

導入業務では弊社専任担当者がキーパーの想いや要望をお聞きし経路を作成。
走行確認を行った上で。すぐにご利用できる状態でお引渡しします

自立走行システム I-GINS

自立走行システム I-GINS 専任担当者が自分の足で歩いてマップデータを取得

自立走行システム I-GINS

キーパーとの打ち合わせの前に、弊社専任担当者が全コースを自分の足で歩いてラフと境界線データを取得。また排水溝やバンカー、グリーン、カート道などの位置を把握します。コースを知っているからこそ、キーパーのご要望をお聞きすれば理想の走行経路として仕上げることができます。

自立走行システム I-GINS 充実のアフターサービス

自立走行システム I-GINS

ご導入いただいてからが、長いお付き合いのスタートです。
突発的な故障や不具合についてコールセンターにて状況を確認した後、営業担当者、サービス部門が対応いたします。

寸法・重量

自立走行システム I-GINS お問い合わせ先

I-GINSに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

I-GINSに関するお問い合わせはこちら その他マミヤ・オーピーの製品情報はこちら

マミヤ・オーピー株式会社

窓口    スキャロボ事業部営業課
住所    東京都新宿区西新宿6丁目18番1号
          住友不動産新宿セントラルパークタワー 25F

Copyright (C) Mamiya-OP Co.,Ltd All Rights Reserved.