自治体総合フェア2015会場レポート

a

2015/5/20~2015/5/22開催

2015年5月20日(水)、21日(木)、22日(金)に東京ビッグサイトにて自治体総合フェアが開催されました。
今年で第19回目となる自治体総合フェアは、自治体経営の革新を推進するとともに、地域住民が真に豊かさを実感できる魅力ある地域社会の実現を図ることを目的としたイベントです。
「安心と活力ある地域社会の実現~協働・情報・減災~」をメインテーマとして掲げ、多くの企業・団体が出展しました。

マミヤ・オーピー出展ブース

マミヤ・オーピーブースでは、公的個人認証サービスに適合したICカードリーダ/ライタをはじめ、液晶タッチパネルを搭載した小型券売機Operalシリーズや、高精度のGPSと慣性航法を採用した自律走行システム「I-GINS®」、離床センサシステム等を出展し、大変多くの方にご来場頂きました。

◆ 非接触ICカードリーダ/ライタ
当社のICカードリーダ/ライタは、J-LIS(地方公共団体情報システム機構)の適合性検証を実施済みで、幅広い用途にご利用頂けます。
従来の製品に加え、接触・非接触どちらにも対応可能なハイブリッドタイプなど豊富な製品を出展致しました。また、公的個人認証サービスやIC運転免許証の確認をシミュレーションできるコーナーを設け、ご来場者の皆様に実際の機能を体験して頂きました。
【非接触ICカードリーダ/ライタに関する製品情報はこちら】
◆ 小型券売機 Operalシリーズ
昨年11月より発売された新製品『VMT-500』は、Operalシリーズ初の液晶タッチパネルを搭載した最新の小型券売機です。
根強い人気の『VMT-120』をはじめ、実機でのデモンストレーションでは、発券までの流れを体験することができ高性能・高品質を実感して頂きました。
当社の小型券売機は、その高い基本性能と拡張性により社員食堂等の飲食店での食券販売の他、各種施設の利用券や教育機関の通学証明書引換券等幅広い用途でお客様の現金管理の省力化とセキュリティ向上に貢献しております。
【小型券売機Operalシリーズに関する製品情報はこちら】
◆ 自律走行システム「I-GINS®
マミヤ・オーピーが世界に先駆けて開発した自律走行システム「I-GINS®」は、高精度のGPSと慣性航法システムを採用し位置を検出、予め作成された
経路を独自のアルゴリズムで機体を誘導し、高精度で制御できるシステムです。
「I-GINS®」は芝刈り作業車のみならず、トラクタをはじめとする各種農作業機械への搭載も可能です。当ブースでは、機能のご紹介や実際の動きを
プロモーションビデオにて上映致しました。
【自律走行システムI-GINS®に関する製品情報はこちら】
◆ 離床センサシステム、グローブ測定器
医療機関や介護施設等において患者様がベッドから離れた事を、内蔵無線機による通信機能によってナースセンター等の離れた部屋から確認できる
『離床センサシステム』や、ゴルフで必須となるグローブの測定器を出展致しました。グローブ測定器は、手の大きさや性別、選択したグローブの素材から
適した商品をお勧めすることを可能としております。

お問い合わせ先

Tel:03-6273-7481

窓口:商品企画部

マミヤ・オーピー株式会社
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目18番地
マミヤビルディング

Copyright (C) Mamiya-OP Co.,Ltd All Rights Reserved.