事業内容

生ごみ処理機POITO(ポイト)

バイオのチカラで、生ごみを高速分解
生ごみ処理機POITO(ポイト)

製品動画紹介

カタログでは伝えきれないポイトの特徴や性能を動画でご紹介いたします。

生ごみを投入するだけ、あとはおまかせ

生ごみを処理する手段としては、燃やして炭化させる方法、堆肥にリサイクルする方法がありますが、最終処分場が必要でCO2や悪臭が発生するなど一長一短がありました。生ごみを攪拌しながら微生物により、水と炭酸ガスに分解する消滅型なら、他の方式と違い残留物が残らず、手間がかかりません。

写真

生ごみ処理にかかる経費を削減

廃棄物収集処理業者の処理費用内で、処理機を使用できます。(15年償却)

写真

生ごみがわずか1時間程度で分解、5~24時間でほぼ消滅

写真

人が食べられるものは、ほとんど分解できる

写真

仕様

POITO標準仕様

分解微生物  専用バイオ製剤 その他制御  ヒーター自動加温制御
 電気弁給水・排水制御
 液相処理エアーポンプ
処理方式  好気性微生物分解
本体素材  ステンレススチール
電気制御盤  本体内組込制御盤(※) 安全装置  投入口開放時攪拌停止
 異常負荷時ランプ点灯
 運転状態表示ランプ
 自動/手動切替付
制御回路  POITO用シーケンス回路
制御電圧  3相200V 50/60Hz
制御方式  3分運転20分停止(標準)
  • ※ 制御盤は、分離タイプもあります。

POITO型式一覧(本体仕様)

型式 処理能力
kg/日
標準外径寸法
幅(W)×奥行(D)×高さ(H)(mm)
本体重量
kg
消費電力
(月/kw)
消費水量
(月/㎥)
AN-50 50 950×804×1200 170 190.0kw 30㎥
AN-100 100 1285×804×1200 220 240.0kw 30㎥
AN-150 150 1650×1150×1360 350 290.0kw 36㎥
AN-200 200 1800×1150×1360 600 360.0kw 45㎥
AN-250 250 1900×1200×1450 800 370.0kw 45㎥
AN-300 300 2100×1300×1500 900 490.0kw 60㎥
AN-400 400 2200×1500×1600 1200 500.0kw 60㎥
AN-500 500 2450×1700×1800 1500 600.0kw 60㎥
  • ※ 使用中の予測できない分解条件を考慮し、処理選定の場合は一日の排出量の120%を処理機の条件として下さい。
  • ※ 限られたスペースに合わせた、特別仕様を承ります。
  • ※ 消費電力、消費水分量は目安です。
写真

カタログ ダウンロード

生ごみ処理機POITO(ポイト)のカタログは、こちらからダウンロードいただけます。

写真
お問い合わせ窓口
窓口
営業部 営業一課
住所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目18番地マミヤビルディング
電話にてお問い合わせ
03-6273-7428
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせ内容によっては、電話にてご回答させていただく場合があります。
  • お問い合わせフォーム